かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「18禁:君に届け 再会シリーズ」
18禁:君に届け 再会シリーズ1 夜雨


夜雨2(君に届け 再会シリーズ)

2009.05.14  *Edit 

前半2

----------

風早は痛みをごまかすように笑って言った。
「用心深い黒沼にしちゃ珍しいね。今日は折り畳み傘持ってなかったの?」
「…持ってたんだけど…」
ほんのり困ったように笑う、はにかんだ笑顔は昔のままで、風早は切なくなった。
「けど?」
「雨宿りしてる子がいたから…。」

よく考えたら、コンビニに連れて行って買ってあげればよかったんだよね?あ、でも誘拐犯に間違われたら困っちゃうな。それにあの子を怯えさせるかもしれないし。

考え込むように爽子は続けた。

相変わらずの飛躍する思考に風早はくすっと笑った。
「ほんと、変わってないんだなあ。」
そしてその深い優しさも、変わってない…。
風早はムリヤリ笑った。
「東京で働いてたんじゃなかったの?」
成績優秀だった爽子は東京の有名大学に入り、そのままそちらで就職したと聞いた。
「うん、今秘書やってるんだけどね、ついてた上司がこっちに転勤になって一緒にこないかって。…風早君は?」
「俺?俺は…相変わらずこっちで先生やってる。」
風早は地元の教育大を卒業し、小学校の教師になった。
『風早君は誰かを応援する仕事がきっと向いてるね。だってみんなを温かく照らせるもの』
進路を選ぶ時爽子のそんな言葉が胸をよぎった。
それだけで決めたわけではないけれど、胸の奥のその暖かな小さな灯に後押しされたことは否定できない。

「きっと風早君が教える子供達は幸せだろうなってずっと思ってたよ。」
雨に濡れた優しい微笑はやっぱり昔のままだった。
風早はずぶぬれの髪をなんとかまとめなおす爽子をそっとみつめた。
上品なスーツと、控えめなメイクは清楚な爽子の魅力を引き立てていて純朴なだけだった昔の爽子より洗練されてずっと綺麗になっている。
それでも儚げな細い体も、長いつややかな髪も、抜けるような白い肌も、猫のような黒い大きな瞳もあの頃のままだった。

心だけはもうひとかけらも自分のものじゃないけれど。

風早は苦い呟きを飲み込んで暗い空をみあげた。
「雨…やまないな…」
「うん…」
しばらく止まない雨をみつめ、閉じこめられた感覚に危なげに身を浸した。
銀の檻は二人を閉じ込める
「雨なんかやまなきゃいいのに…」
その小さな声は雨の音にかき消され、爽子の耳には届かない。
風早の昏い呟きは氷の雨に消えていく。
そのままを願ってしまいそうな思いをふりきって風早はわざと明るく話しかけようとした。
そして爽子の様子が変なのに気付く。

薄明かりの中でよく見えなかったが、青白い肌は白いを通り越して全く血の気がなかった。
両腕で自分の身体を抱えるようにしているのは熱放射を少しでもふせぐための無意識の行動だろう。身体もがたがたと細かく震えている。
「黒沼!」
「…あ、…なに?風早君…」
答える唇も真っ青で、声も凍っている。
風早は自分の上着を脱ぐとばさりと爽子にかぶせた。
「…え?」
「おれんち、近くだから。ちょっと走れば着くから。風呂、貸すよ。」
「そ…そんな迷惑かけられないよ」
「そんな紙みたいな顔色して何いってんだよ。いいから早く。」
風早はすっと手を差し出した。
爽子はちょっと躊躇する様子を見せたが 風早の真摯な目をみて延べられた手を掴んだ。

差し出されたまっすぐな手に嘘はなかった。
掴んだ柔らかな手もそれを信じた。

それでもその手を繋ぐべきではなかったのだ。
(後半へ続く)

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

再会シリーズ! 

こんにちは^^
わ―♪再会シリーズ、更新されてて嬉しいです(>ω<)
風早みたいなタイプは、夏様のお話みたいに別れたら自棄になって、同じタイプの子と付き合いそうですね。
ヤン早万歳\(^O^)/

更新頑張って下さい~★

同感です 

こんにちはMさん
風早は爽子に会ってしまえばどうしても欲しがらずにいられない人なのです。(うちのは)
可哀想。風早は爽子しか好きになれなくて可哀想。
再会シリーズもヤン早シリーズも頑張るよ !(`・ω・´)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。