かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

その他雑記


チャット&萌え語り

2009.03.25  *Edit 

某素敵ブログさんとこで乙女の仮面をかぶりながらチャットに数回混ぜてもらいました
私はマヤ。乙女の仮面をかぶりきりますとも!!(だってあんなきらめくピュアブログで
エロ話はできませんよ。夏さんだって恥くらい知ってますw未成年のお嬢様も多数いらっしゃるとこだし)
チャットは楽しいね。
きみとど萌え話に飢えてるので激しく楽しかったです。またこっそり行きます。
皆さんもどうですか。乙女の仮面は必須ですがw

さて今日の雑談です。
爽子ヤンデレ説についてです

いやもちろんそんな説はかけらもないんですけどねw
巷のオイラには眩しすぎてきらめいていて近寄れないピュアブロガーさんたちのどこにも
そんなけったいな珍説を唱えてるトコはないんですけどね

うちのブログでは というか夏さんの脳内ではすっかりヤンデレな風早くんですが
彼は 抑制型ヤンデレだと思ってます。
純粋で美しい存在である爽子に触れたい気持ちと触れてはいけないとする二律背反な気持ちが真面目で基本的にいい加減なことができない風早くんを病ませたと思います。
尋常じゃない甘いエロスに満ちていながらそのエロスの源が清らかさという
矛盾の塊、禁断の果実に惹かれてしまった故に二律背反に陥ってしまった可哀想な少年なのです。

風早君は普通の子です。普通でとても健全な魂の子です。
(まあ今時珍しいほどに健全で歪んでいない子だからこそ爽子というレア物を発見できる良い眼を
持っていたんでしょうけど。)

その健全な魂は普通ゆえに爽子の毒に犯されたのです。
毒というと言葉は強いですが爽子自身はとてもいい子です。
しかしその抱えるエロスは毒なのですよ。
その先に甘い栄養価の高い果実はありますがそれを得るためには毒も呑まねばならんのです。

話がずれましたが触れたいという欲求を抑えて抑えて、でもその天然のヤバエロスに引っ張られて引っ張られて、でも傷つけたくないからまた抑えて という繰り返しが彼を蝕んで風早をヤンデレにしたのです。

だから風早はなんか落ち着きそうなんですよね。一時型ヤンデレというか。
うまいこと恋の海に溺れきらずにざばざば泳いで陸までたどりついてその先にある
爽子というカナン(豊かな乳と蜂蜜の溢れる地だそうな。)を貪る資格を手に入れそうな気もするんですよね。風早自身の持つ豊かな生命力と健全さとで。

そうなったらヤンデレ気質がまあ完全に引っ込むとはいえないけど、たまに出てくるくらいの頻度には抑えられる気がします。

でも爽子のヤンデレは違います。
続きは2で。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。