かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

マギ考察・感想


【マギプチ考察】アリババとアラジン、アリババとモルジアナ

2011.06.27  *Edit 

ツイッタのまとめ

アリババの迷う子のところが好きなんだよなあ。闇堕ちしたカシムを刺せなかったり、自分に「国王」の資質があるのかとチート兄キャラのシンさんを見て挫折感に陥ったり、最初のところでは砂漠ヒヤシンスに落ちた子どもを見て「誰か助けろよ…!」って2コマくらい思ってたり。
posted at 23:19:25

それでもアリババは「誰かじゃねーよ!俺がやんなきゃいけないんだよ!」って痛みも苦しみも怖いのも「我慢して」やる。命を削って人の命や尊厳の為に何度でも立ち上がる。そういう子が好きなんだよ。んでアラジンはそんなアリババの「本質」に王をみた。アリババすら知らないアリババの「本質」を見た
posted at 23:22:43

そして「導くもの」であるアラジンがアリババ本人にアリババの知らない「本質」を示す。「君は勇気ある人だ」「僕はそんな君が大好きだ」と。だからアリババはヘタレてもアラジンの示した「自分の本質=王としてのアリババ」に向かっていける。この構造が好きだわー

アラジンは「マギ」としてアリババという「王」を導く存在なのだけど、王として修業させるのがマギの役割じゃないんだなと思う。
(アリババの目標値となり、アリババを王として実務的に鍛えるのはシンドバッドの役割なんだろうなたぶん)

アラジンはアリババが「本質」にむかい「崇高な何か」ではなく「崇高な自分」にむかうようにその道を指し示す。
これはカシムが目指さなければならなくて、そしてアリババが眩しすぎたために彼が目指しそこなってしまったものだ。

アラジンは「君は王になるだろう」と神の代弁者として(つまり預言として)アリババに言った。
しかし、その「王」というのはたぶん「民のルフを正しい流れに導くもの」という意味であってたぶん「王国の長」という意味ではない。

アリババを「王」にするためにアラジンがやった一番初めで一番重要なことが「君は本当は勇気がある人だ」とアリババに鏡を見せるようにアリババの「本質」を見せた事だった。

そしてアリババは(この子基本素直だよなw)「その言葉にふさわしくありたい」といわば「進化系アリババ」にむかって歩きはじめた。
これが本当に「導く」ってことなんだなあと感心する。

アラジンがアリババを「心」で選んだってことも大きいと思う。
(アラジンがそういうポジションにある意味とかはまた後日考えてみたい)

あと「力」で王を選ぶジュダル、「心」で王を選ぶアラジン。この対比が面白いなあと思うのです
もしかして3人目のマギがいるのなら「知恵」で王を選ぶのかもしれない(でも3人目を出すとぼやけるかもな)

んでモルジアナとアリババ。モルさんにとっては「自分を解放してくれた」という一点においてはアラジンもアリババも同等なはずなんだけど、モルさんはアリババがとても人間らしいことを知ってる。ある意味神に近いアラジンがモルさんを助けるのは神の「施し」であるけど、アリババは「人として」モルさんの解放を「選択」した。なんつうかアリババにとってモルさんや国民は「人間という仲間」なんだよね。だからモルさんはひたすら「アリババがこの国(バルバッド)を救うのもアリババだと思う」と信じた。
「創世の魔法使い」という「神」の施しではなく、人間の「王」としてのアリババが同じ「人間」たるバルバッドを助けるのだと感じたのだ。この盲目的な信頼がアリババに力を与える。そして手を携えることのできる「人間の王」としてモルジアナは力を尽くす。モルジアナもまた自分を含めた「人」を導くものとしてアリババを選んだのだ。


「神」としてアリババを導くのがアラジンだとしたら「人間」(=アリババが守り、導くためのもの)としてアリババの動機となり、また導くものとなるのがモルジアナだと思う。だからアリババとモルジアナはアラジンとアリババとは違う意味で「パートナー」であるともいえる。

そしてアラジンはアリババ「王」が「人間」(=モルジアナが象徴としてある)を導き、そして「人間」が「王」を助けるという構造を完成させることでその使命を完成させることができる

だからこの3人が仲良くしてるのは本当に和む。
この3人はとても調和のとれた与え、与え合われる関係だもん。

そしてこの3人といてさえ、アラジンは孤独だなあと胸が痛くなる。それはもう「神」としての孤独だから「人」である「王」と「民」にはどうしても癒せないものなのだよね。

ただ、「マギ」と「王」と「民」としてみたらそうなんだけど、アラジンとアリババとモルジアナは「ただの友達」としても強い絆がある。

この絆がより前面に出てるときはもしかしたらアラジンの孤独は少し癒されるのではないかと思う。
つまり3人で冒険してるときが一番アラジンの「孤独ではなくなる」時なのかもしれないなあ。

宿命的にアラジンは孤独な子ではあるのだけど、アリババとモルジアナがその「神としての孤独」を癒す存在になれるといいなあ。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。