かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


君に届け 7月号手抜き感想おかわり -龍ー

2011.06.17  *Edit 

龍についてちらちらと。

龍の「知ってた」がもう切なくてたまらん 知ってても言うんだなあそこで龍は。あの諦観をもった「知ってた」がたまらん。千鶴の為もあるんだろうけど千鶴に「あたしの激怒りなんだと思ってるの?」に対して「嬉しかった」と本当に伝えたかったのだと思うその先に告白という「決着」がくることも
posted at 23:08:59

そして千鶴が今の時点では龍を「幼馴染」としか見れてない事も知ってた。それでも言うんだ。龍って爽子すら超えて潔いと思う。爽子厨としては認めるのぐぎぎってなるけどw爽子は「私が本当の事を云うと全部特別な意味になる」から怖くて風早に気持ちを言うのが怖くなった。
posted at 23:11:27

爽子の場合は風が同時に「世界の始まり」でもあるから失う恐怖が格別だったとは思うけど、龍だって長く長く温めてきた片思いだ。好きな子の目がひたすら自分の兄貴に向いてるのすら見守ってきた長い片思いだ。それでも覚悟を決めて告った。しかも気負いもなくさらりと。できすぎてるんだな龍は
posted at 23:16:08

龍や爽子は優しすぎて大きすぎて足掻く衆生の気持ちがいまいちわからない。それが「可愛げのなさ」になってしまう。だから風と爽子、龍と千鶴って組み合わせがいいのだ。風早は迷いながらヘタレたり、先走ったりしながらも爽子の内省や優しさ、真摯さなんかを学んで成長する「可愛げ」が多い人だし
posted at 23:19:13

千鶴は大事なことは見失わないブレない子ではあるけど基本アホの子wでやっぱり不器用で間違いながらがむしゃらに歩く「可愛げ」がある。つまりあまりにも本物すぎて逆に(若者には特に)評価されにくい龍や爽子に「人間臭さ」を持たせるのが千鶴や風早なんだよね。この構造は意識的ではないだろうけど
posted at 23:24:23

うまくできてるなあと思う。あと龍ちづの恋の行方はこれつき合わないほうが綺麗なのかもと思い始めてる。千鶴が頑なに「これは恋じゃない」と思ってるうちはダメなんじゃないかって気がする。ただ「文句を言う権利」を手に入れたいと願うことはもう「好き」って事なんだと思うんだけどね。はよきづけ。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。