かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け アニメ感想・考察(ツイッターのまとめ)


アニメ感想:くる爽語り

2011.02.18  *Edit 

以前も熱く語ったのでかぶるのだけど。

くる爽賛同に調子こいて、以前もブログのほうで熱く語っていたのだけどwちょっと語るぜ。そもそもくるみが風を求めたのは依存が元。「私が幸せじゃないのは、周りが悪いから。でもあの人は本当の私を見てくれる。あの人さえ肯定してくれたら他の肯定はいらない」という強い依存。
01-13 02:33

だからくるみは風に強く執着した。けれど風は、真実一路で潔癖な傾向があり、強く優しいものを求める人なのよ。くるみは風を手に入れるために「毒」を選択する辺りでもう風のせっまーい好みのツボから外れちゃうの。くるみの「丸ごと愛して欲しい」という震える迷子の心はいつまでたっても満たされない
01-13 02:36

もし万が一くるみががんばって爽子から風を奪えたなら、それこそ悲劇だよ。風の心からの肯定を実感できないもの。風のツボが自分にないことを誰よりも知ってるのがくるみ。でも爽子は違うのよ。爽子も風と同じく誠実を至上の価値観とする不器用で遠回りを選ぶ人。
01-13 02:43

でも風と違って爽子はくるみの愛を希求し、それに一途なその心根を愛しく思える人だし、実際、だから「くるみちゃんが可愛いと思った」と自分の尊厳に関わる流言飛語も許したの。許したというより、愛したから責めるという発想がなかった。くるみの求める「丸ごと私を愛して」を満たせるのは爽子だけ
01-13 02:47

そしてくるみは爽子からの無限の肯定を与えられてはじめて自分を愛せるのよ。そんで、そうなったら、くるみは自分をみつめて心の底ではこうありたかった「まっすぐに策を弄したりしないで人を愛せる」爽子に惹かれてると気付くといい。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。