かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

君に届け 映画 感想


きみとど THE movie の毒感想垂れ流し いち

2010.10.21  *Edit 

【褒め点】
きみとどダイジェスト入門篇としてはよくまとまってたよ

たべさわという生き物は可愛かった
特に桜の下の笑顔は可愛かった。風が目に入ってなかったけど。ほんとはあの「かわいさ」ではなくて
爽子がほんとうは人が好きで人に手を伸ばしたいとおもってる真っ新な心根が現れてたから風が惹かれたんだけどね。まあ可愛いからいいよ

風が体育祭の時手を打とうとして一瞬躊躇した緊張感がよかった



【追記からは毒しか言いません 映画について貶されたくない人は絶対読んじゃダメ】

ーーーーー【ここから】毒部分【注意】ーーーーーー







うん まあ 風も爽子も偽者だったね。
爽子は爽子果汁10% 風は50%くらいだった
演技力の差では…ないなきっと

たべちゃんはたぶん爽子があまり好きではない 少なくとも理解できてないのだろーな
はるまさんは都会臭さが抜けないのと薄っぺらい爽やか星人だったけど爽子を好きになる風早を理解できてた
(というか気持ちがわかったのではないかな)

その差だと思う

たべちゃんの存在感はさすがだし、他に類を見ない女優ではあると思う。顔も普通に美人さんだと思う。
でも爽子役はごめん、全然ダメだ。

爽子役は無名でも爽子厨の ※注1)薄幸そうな美少女を使ったほうが良かった。黒沼先生を見習え監督。
足を棒にして「爽子役」という難役をこなせる女優をみつけてこい

※注1)爽子は美少女設定ではないけど、演出や脚本で爽子の内面から滲み出る美を見せることができないのならそうすべきだった。

風→爽子は気持ちははるま風の熱視線でわかるけど 爽子にさほど魅力がないから説得力がない

爽子→風は爽子にとっての風の重要性がちっとも伝わってこない上に たべちゃんの演技のせいか風早に対する押さえきれない熱情みたいなのは全然伝わってこない

結果 原作エピソードをなぞっただけの薄い核のボケた味になってしまってる
原作エピソードをなぞるのは簡単だし、いちばんやりやすいのかもしれないけど、それって何も考えてないってことじゃないのか

この映画の伝えたい事は「心清らかにして、真面目に過ごしていれば、どんな辛い境遇にあってもいつか王子様がそこから救い出してくれる」って怠け心に満ちたカタルシスなのか

うんそれならよくできてたよ 地味だけど心清く真面目な苛められっこが、たいした努力もなく、対人恐怖だから人に手を伸ばそうともせず、いちにちいちぜんをこころがけてたら 爽やかな人気者の王子に愛されました めでたしめでたし という学園シンデレラストーリーとしてはよくできてた

君に届けじゃないけどねそれ。

でも「君に届け」の世界として売り出されているのよね(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻
公式だもんね

そこがむかつく!

【ここまでのまとめ】
・主役2人、特に爽子の描き方が徹底的に改悪されている

・もともと起伏にとんだストーリーではなく、ともすればただの王道少女漫画になってしまうきみとどを
他の一線と画するものにしているのは爽子というキャラである

・故に爽子が変れば別ストーリーとなる

・じゃあ別ストーリーとみた場合、どうなるかというと、原作エピソードのつまみ食いとなっている

・結果として「地味だけど心清く真面目な苛められっこが、たいした努力もなく、対人恐怖だから人に手を伸ばそうともせず、いちにちいちぜんをこころがけてたら 爽やかな人気者の王子に愛されました めでたしめでたし という学園シンデレラストーリー」になってしまっている

・ひとつひとつのエピソードが薄く、浅いため、登場人物のとる行動の説得力に欠ける。千鶴が最後に爽子に発破をかけるけど風の告白を断る場面では爽子の不誠実を責めるのならばわかるがいきなり「なんで風早の「好き」が 信じられない、好きと言ってくれてる人を馬鹿にしてる」と言い出すのかさっぱりわからない。だから唐突にヒステリックに怒り出したみたいになってる。

・爽子の成長譚として描きたい意欲は伝わるが、本来ならばきっかけにすぎないはずの風早が爽子の自省を待たずにいきなり手を差し伸べている。そのため「風早による爽子への施し」という図式が一貫して見られた。それは成長じゃなく、転んだのを助け出された子供が涙を拭うくらいのことでしかない。爽子は自分で立ち上がる子だし、そこはやのちんも風早も、つどつど原作内で言及した大事なキモじゃないか。爽子の成長譚として描きたいならそこは外せないだろ。なぜなら、それだけの健気さと芯の強さを以ってしても偏見などの理不尽さに打ち勝てない困難さがあるからこそ風もやのちづも、そして我々読者も爽子を強烈に愛し、応援したくなったのだから。その動機を描けてないのに、風のいきなりのSTKぶりややのちづの爽子への甘やかしぶりは強烈な違和感となってのこってしまう

・この胸の黒いのとってえええええ





スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。