かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


君に届け10月号感想垂れ流し 最後

2010.09.18  *Edit 

最後

31:くるみの風への執着はそこから来てるのだと思う。そんで前も言ったけど、風ではくるみを救えなかった。風はくるみの身につけざるを得なかった牙や毒を受け入れるには潔癖すぎるから。鎧アウトローズが鎧を脱げるのは鎧の中身の乙女仔猫ちゃんを愛してくれて、なおかつ信じられる者の前のみだけ
09-15 10:48

32:くるみはでも爽子が愛ちてくれたからw鎧をちょっと軽装備にして軽やかに生きるようになれたようです。やのちんがくるみを「わかってやれる」といったのも自分と似た部分があるとわかってたからだろうなと思う。やのちんはちづや爽子に出会ってるからなのか
09-15 10:54

33:くるみほどガチガチで複雑な鎧は着てないようですが。でも牙や爪を研ぎながら、その爪に毒を塗りながら、この鎧を脱ぎたいなあとぽつんと呟くのがやのちんだと思うます。異論が多いカプですがその意味ではピン×やのちんはいいと思うのです。ピンは確かに無神経だしガサツだしいい先生でもない
09-15 10:58

34:でもピンは非常にかさばらない人だと思うのです。いい大人の振りをしない、いい先生の振りをしない、若者の理解者である振りもしない。ピンは無理をしたり、自分を武装して何かを得ようとはしません。ピンが要所要所でけっこうナイスアドバイスをくれるのはそのためではないかと思うのです
09-15 11:04

35:ナチュラル野生人であるピンには人が自分を大きく見せるためや自己の身を守るために付けてる嘘とか虚飾といった鎧が全部じゃらじゃらした余計なものにみゆるのです。だから美少女くるみの愛らしい媚びもキモがってたwくっつくかどうかは別にしてやのちんがピンに心開くことができるというのは
09-15 11:21

36:やのちんにとって鎧を脱げる人がいると信じられるということで、武装解除できる心地よさをやのちんには是非味わってもらいたいなあと思うわけですよ。残念ながら今のトコぴんさまにとってやのちんは強がる仔猫ちゃんにしか見えてないっぽいですが。ピンさま油断してると仔猫はすぐに女豹になるぞ
09-15 11:23

37:なんとなくのイメージ 龍はでっかくて大人しいわんこ。ワインはこぶ救助犬みたいな奴 爽子は顔は怖いが穏やかなシベリアンハスキー 風は豆芝 ちづは思いつかん。仔犬っぽい感じもするけど愛玩犬じゃない感じ やのちんは毛足の長い優雅なペルシャ猫 くるみはシャム猫 ピンはノラ猫大将
09-15 11:43

おわり

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。