かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


風早さんについて思うところを書いてみた2

2010.08.21  *Edit 

風早2 風早さんはただの天然坊ちゃまとは違うよというお話
ツイッタまとめ機能がうまく働かなくて編集めんどくさかったよ(´ε` )

----------
さてキミトドPOST 風早さん弁護篇 
つか別に悪く言ったわけじゃないからね!?風が恵まれし者であることはただの事実だし、それによって逆説的に偏見のない公平さが形成されたという正の側面はもちろんあるんだからね。

しかし風早の一般評である「爽やかで優しい」というのは風の本質ではないと思う。

爽やかなのは見返りを求める必要がないという、恵まれた状況だから出来ることで、仮にアイスキャンディが一本しかなくてもそれを分かち合おうとするのが風の核かと言ったら違う気がするんだよなあ。だって爽子に関しては周囲に受け入れられることにすら複雑な顔みせてたくらい独占欲強いじゃんwもちろんこの独占欲の強さは爽子が世界に一つだけの宝物であるからではあるんだけど、それでも爽子が待ち望んだ状況なのに風はそれを共に心の底から喜んであげることは出来なかったのだ。仮にこれが爽子が逆の立場にいたならば爽子は喜びを第一にしたと思う。でもそれは爽子が寛大で風の器がちっちぇとか言う意味ではない
風早の本質はこの苛烈さにあると思うんだよなあ。風ってすごく実は気性が激しい人なのだと思う。そして爽子が風早に惹きつけられるのもこの激しい苛烈さにあると思うんだよ。風は何度も書いたり言ったりしてるように実はすごく貪欲。愛情グルメで貪欲だから美味なる爽子の寛恕に満ちた愛情をこれしか食べられないと摂取し続けなければならない。
愛情に満ちているはずの風早は爽子のくれる愛情にだけは非常に常に飢えてるのです。
この貪欲さが風早の本質だといいたいわけですよ。貪欲な本質が爽子という存在を希求した。豊かな愛情に恵まれていたから爽子を見つけることのできる眼をもてた。この二つは矛盾なく並び立ち、セットで爽子を希求するもととなってます
もっといえば風早と言う人は貪欲だからこそ愛情が豊かでもあるのです。風早は千の屍を築き上げてもそれを乗り越えて爽子の手をとれる人です。風早の核は苛烈なほど求めるものに一直線であり、その苛烈さへの覚悟を核のところに眠らせている。風早もまた爽子とは違った強靭さを秘めた人なのです。
その苛烈さに爽子は惹かれているのではと思うのです。爽子は母が言ったように「感情を置いてきてしまう」「理性を優先させる」子です。利他的で公平で神にというか仙人に近い存在です。でも理性というものは爆発力に欠けるのです。人間の爆発的な突破力はいつだって苛烈な感情から生まれてきたではないですか。理性を優先させ、利他的で、感情を置いてきてしまう爽子は激しい貪欲さと豊かな感情を爆発させるある意味利己的な風に惹かれる。
それは生存の本能に関係していると思うのです。
爽子の利他性は突き詰めると自己犠牲に繋がるからです。爽子は利己性に従って物事を決定できません。くるみの要請を断ったのも「己の心がうんといわないから」ではなく「己の心がうんと言わないから、その要請を受け入れる事は本音をぶつけてくれたくるみに不誠実になるから」断ったのです。
この至誠を貫きつつ利他性を保つ姿は美しくはあるけれど、生存には時には邪魔になるものです。利己性は生きる力とも言えるのです。爽子は風早の持つ豊かな「生命力」に惹き付けられたのだと思うのです。もちろん風はただ利己的なわけではないです。風は愛情に恵まれているので、天然に人がすきです。だから己の属する集団をより幸福に導きたい欲求があるのです。
風が自然にオピニオンリーダーになっていくのはこの為だと思います。彼にもう少し権力志向があれば政治家向きと言えるかもしれません。(しかし清濁併せ呑めない潔癖さがあるから進路としてはおススメしないw)風はとても優しいエゴイストなのです。
古来より仙人的な存在は人間的な存在の人間臭さを愛するものです。自分には絶対もてないものだからね。風早は爽子の朝露を煮詰めたような清廉さに自分のあるべき姿をみて、爽子は風早の苛烈な豊かさに自分の理想像を見る。まあそんな感じ。お互いはお互いには決してなれないけど。
風は爽子の内省力や真の優しさや強さを学べばいい。貪欲さを理性的に働かせられるように。爽子には風の豊かな貪欲さが少し浸透すればいい。置いてきがちな感情を連れて来ることができるように。あれ?風早の話をしてたはずなのにいつしか風爽の話に!不思議!これが爽子厨クオリティか。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。