かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


爽子にもっと評価されるべきのタグを

2010.08.19  *Edit 

要望があったのでwまとめてみた。ツイッタまとめ機能ヽ(´ー`)ノバンザーイ
まずは爽子論というか爽子厨の発作的叫び

さてリリPOSTはこれくらいにしてキミトドPOST。爽子をみてると、こんな子本当にいたんだ!(いや実際にはいないけど)って訳もなく感動にも似た気持ちを覚える。無知を基盤とした純粋さは脆いけど爽子は誠実さが基盤の純粋さだから、強固に清廉でまるで抗菌仕様の魂だ
08-16 21:36

だから爽子って客観的に見ていじめみたいな事をされるんだよ。爽子はあの閉鎖的で未熟で無神経で愚鈍な周囲の中で限りなく異質なのだ。その清廉さにおいて、その品格の高さにおいて。異質だから無意識に排除してもいいものと判断される。そこに罪悪感は伴わない。だって爽子は異質な魔女だから。
08-16 21:40

ラベリングを剥がすのって実は容易じゃない。つまらないレッテルはりによって孤独に追い込まれ、時には死に追いやられる事なんかほんのちょっと歴史を振り返っただけでもその辺の石ころ並みに転がってる。魔女狩りもいじめも根っこは同じ。
08-16 21:47




人間は「異質」と判断したものには何をしてもいいんだと思い込める生物なのだよ。偏見で人を見ることを、偏見で見た人に何を投げつけても良いと思える愚かさを恥と思わない限り、それを克服できない。その無神経な愚かさは薄皮のように人の眼を曇らせて、罪悪感を黙らせていく。
08-16 21:52

でもそれはやっぱり恥ずかしいことなんだよね。その恥ずかしさに気付かずに爽子を下に見続ける爽子の周囲のその愚鈍さにイラッとする。爽子を傷つけるからとかじゃなくて、なんだろう社会の窓を全開にしながらきちっとした服を着てる人に「あいつ社会の窓閉めてやがる」と笑う人を見るような恥ずかしさ
08-16 21:58

でもそんな不条理さに満ちているのが世界ってものかもしれないなと思ったり。でも爽子の並外れた誠実さや自律心、清廉さは目隠しをとった人にはわかると思う。爽子の価値は己の未熟さを恥、自分を律して、その愚かさに意識的に克とうとした人にはわかると思う。希望的観測に過ぎないかもしれないけれど
08-16 22:17

つまり爽子はがんばって己を乗り越えた人達、風早の言うところの「強くて優しい」爽子に近い人には評価されちゃうということで、何が言いたいかというと、爽子の世界がいつまでも無神経で愚鈍で未熟なガキに囲まれたもののままでいるわけじゃないからまあとどのつまり風早頑張れw
08-16 22:25

わたくしめはキングオブ爽子厨なのでこうして発作的に爽子についてたぎって叫ぶわけですが風ファンとかの発作的叫びも聞いてみたいと思います。風はわたくしめの好みからすると傷がなさすぎるんだよなあ。良い悪いじゃなくてw傷のある子が痛みを堪えながら立ち上がるというのがたまらなく好きなのだ

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。