かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


君に届け 9月号感想垂れ流し

2010.08.15  *Edit 

別マ9月号感想垂れ流し ツイッタのを転載 ほぼ編集なし。めんどいもん(´ε` )

1)ちくしょう…風モゲロ。もげてまえ。爽子厨のジェラシーストームに巻き込まれてもげてまえ。結婚前夜かよ!お嬢さんをくだちいだよもうあの勢いは…。いってんのもんくもつけようもないのがまた悔しい。
08-12 11:16

2)爽子が大切に育てられた事、大切に育てられたものを受け取る重みをきちんと風は感じ取ってた。うう、文句のつけようがない…。爽子は本当にいい育てられ方をしたと思う。甘やかされるのではなく、大事にされている。爽子の規範となっている「誠実であれ」はたぶんあの両親の価値観なのだろうなあ。
08-12 11:20

3)前も言ったけど爽子の純真の由来は「無知」ではなく「誠実」。至誠を貫いて生きていることが爽子の内部を悪意や負の感情で汚染されるとこから遠ざけてる。だけどその至誠を貫くという求道的な生き方は、爽子に絶対の肯定を与えた両親の愛情に支えられてる。
08-12 11:28

4)「立派にならなくてもいい。健康で楽しくすごしてほしい」それだけを娘に願う父の言葉、「理性を優先させちゃう子なの」という母の爽子への理解。求道的でそのために器用に立ち回ったり出来ない爽子の生き方を全く否定してないことがわかる。爽子の品格はもって生まれた性質もあるだろうけど
08-12 11:40

5)この両親に幸せになるために別のものになれ(例えば、うまい汁を吸うために他人を犠牲にしろとかね)と強制されなかったことが爽子の至誠を作り上げた一因でもある。爽子は「誠実がすぎて、理性を優先させちゃう(ために不利益を享受しやすい)」ある意味、とても不器用な子であることを許された。
08-12 11:45

6)その「認容」が爽子の強い自己肯定感を作ってる。だから爽子は誤解や、ラベリングによる偏見や、爽子自身の不器用さによって人間関係がうまく作れなくても「間違った事はしていないのだから、がんばろう」となれる。爽子の強靭な清廉さを作り上げた根幹には両親の絶対的愛情がある
08-12 11:52

7)それら全部をひっくるめて「大事にされてる」というのだ。そして風はそれをちゃんと感じ取っていた。風が母と話すシーンでは母がちょっと話しただけなのに風を信頼してるのがよくわかった。「理性を優先させちゃう子だから、自分の気持ちを置いてきてしまいがち。」
08-12 11:57

8)「だけど、あなたはその壁を乗り越えさせて、自分の気持ちを言う事ができるようにできるのね」と母の言葉にはそんな言葉が含まれてるような気がした。爽子が足りない部分を補える風に爽子が出会ったこと、そしてその風が爽子を選んでくれたことに静かな感謝が見えた。
08-12 12:01

9)爽子はその真価に比べて周囲ガキドモからの評価がまるで低い。でも見えないものは評価できないもの仕方ないね。自分の視野が狭いことに気付かず、見える評価だけを絶対と信じ込んでしまうのがガキの特徴。まあその特徴をもったまま大人になる人もたくさんいるけどね。
08-12 12:22

10)面白いのはこの構造だよなー。カルピン先生は徹底して爽子のスクールカースト内での地位をあげない。これは計算してやってるんだろうな。これによって高校くらいの平和だけど閉鎖的なビオトープみたいな空気を演出できるとともに、爽子の真価が見えてしまってるのが風早だけということも示せる
08-12 12:26

11)やのちんやちづですら爽子を好きだけど真価に気づいてるとは言えない。あえて言えばライバルであるくるみだけが風のレベルに近くまで爽子の真価に気づいてるのかもしれないけど。とにかくこの事により風が徹底的に偏見がない気質であることを示せると共に高い共感が得られる。
08-12 12:37

12)わたくしめのような爽子厨は「どうしてあの輝く爽子の真価にみんな気づかないんだろう」と風早のような気持ちになって爽子に恋をしていくし風に憧れる乙女たちは「あのひとだけはほんとの私を見つけ出してくれる」といういつか王子様が願望を満たされる。周囲の爽子落としは必要な構造なのですよ
08-12 12:41

13)とはいえ、今月号の描写を見るに爽子はその評価に常に傷つけ続けられてることがわかる。爽父が悔し紛れに風に吐き出した「(友達を連れて来いといったのに)どっからみても彼氏じゃないか!」という言葉にうれし涙を流す爽子。ギャグシーンっぽく描かれてるけど、切ないシーンだった。
08-12 12:47

14)いくらタフに清廉で、そんな評価によって真に爽子を傷つける事はできないからといっても爽子厨としてはあの子が痛いのは見てられないわけデスヨ。だからそろそろ爽子のがんばりがあのラベリングによる偏見に満ちた愚かなるガキどもにも評価されるよう願いたいわけです。
08-12 12:50

(途中休憩はさみました)

16)対母においては100点マンテンの答えを出した風ですが、対父においてもぬかりはなかった。爽子父の「君みたいな(もてそうな)子ならば、(いくらでも有象無象がよってきて選び放題だったろうに)なんで(一見わかりにくいけど、実はすごく価値のあるかわいいうちの掌中の珠)爽子なんだ?」
08-12 16:09

17)※()内は夏さんの補完です※という言葉には父の「ほんとにお前は爽子のよさを理解してんのか。お前みたいなぽっと出にほんとうに爽子の価値を理解できるのか?」という静かにではあるが喉元に刃を突きつけるみたいな気持ちを感じたわ。それに対しての風の答えはもう100点どこじゃない
08-12 16:16

「いないです。黒沼さんしかいないです」

だいじな事なので 二回です。まちがいなく風はねらーです。
というザレゴトはおいといて

だれこのイケメン。

宇宙人に攫われてイケメン回路をインプラントされた?みりょくてきだから?

とりあえずすーぱーイケメン風がリアライズされました。


どれだけもてたとしても、自分にとっての「雌」は爽子しかいないと示すこの言葉には爽子父も風を認めざるを得ない。だっておとーさんにむかって世界一の爽子厨は俺って言ってるようなもんですよ。
08-12 16:20

19)だから風は憎めない。爽子を掻っ攫った爽子厨ジェラシーの的ではあるけど同時に爽子厨仲間なのだもん。あの世界にわたくしめがいたならば多分風に匹敵する爽子厨になれると思うけどあの世界においては間違いなく世界一の爽子厨は風だよな。父は爽子馬鹿ではあるけど、惚れてはないからw
08-12 16:24

20)どんな爽子でもデフォルトで愛してる爽子両親より風のほうが爽子厨度は高いと思う。風早は爽子が両親の絶対肯定を糧に磨き上げた魂の在り方そのものに憧れて、焦がれて仕方ないのだ。だから今現在の爽子に限りなく焦がれ、崇拝し、その魂の美しさにうっとりと見惚れてるのは風だけなのだ
08-12 16:29

21)そりゃあ「嫌いになるわけがない」わな。風早は自分がゴールド爽子厨であることを本能で自覚してるものwそれに対して「もっと触れたいと願っても嫌われないかな」と手探りで手探りである事を真摯に告げる爽子。可愛いなあ。
08-12 16:37

22)安心をくれようとする風に誠実でいよう、自分の漠とした不安に負けるんじゃなくて、嫌われるかもと怯えたり怖かったり、それでも突き上げるような「もっと触れたい、近付きたい」という思いがあることを認めよう、風早の言うとおり、ひとつひとつの時間を大切にしよう。そんな風に決意したんだね
08-12 16:40

23)だからといって爽子が風早に「好き好き大好きちゅっちゅ」となるとは思わないけどw爽子は生まれつきなのか後天的なものかとても豊かで寡欲な子だからほんの少しで満足するんだよ。まあ心配なのはここだよ。爽子は寡欲だけど風は貪欲。それは風がとても生きるエネルギーが強い事もしめしてるけど
08-12 16:47

24)同じ「触れたい」「近付きたい」でも満足度が違う。少し触れると満足な爽子と少し触れるともっともっとと欲しくなる風。爽子は「触れたい」気持ちを肯定していこうと決意してるから隠さないだろうし。風は頑張って耐えなきゃならんのねwだって大事に育てられた「お嬢さん」を任される重みを
08-12 16:57

25)知ってしまったのだもの。だからそれに対するレスポンスとして「まじめにつきあう」といったのだもの。がんばれ風。風の課題は「爽子という清廉で磨き上げられた魂に近付くよう己を練成すること」な上に「天然Sな恋人に触れたい攻撃をうける(でも我慢せねばならない)」という忍耐力だよ!w
08-12 17:07

26)あとふと思ったけど爽子は恋愛脳化するんだろうか。恋愛って一種の気狂い状態だからな。爽子はなんというか恋に狂う自分を認めるとは思うけどその状態を「恋に狂ってるのだ」と鍛え上げられた理性でみつめそうな気もする。だから己の恋愛欲に狂うことはない気がス 。

まあ初めての恋に狂わない、恋愛脳化しないのも懸命にはじめての感情を受け止める爽子らしくないと思う。

爽子の柔らかな心は恋愛できる才能を持ってると思う。

そしてそれはとても淫靡だ。あの理性の強い子が内からつきあげる衝動に、恋愛という焔にじりじりと焦がされ抗いきれずに触れようと手を伸ばす。
どこまでしてもいいのか、理性と、誠実であろうとする心と、それでも触れたいとする根源的な欲求との葛藤。
エロイ。

白い花が薄い紅をほのかに加えて恥ずかしそうに花開く様を思わせるエロさだ。

爽子がエロイのはこの葛藤があるからだと思う。
いまはただ触れたい欲にしたがってるだけの子供みたいなもんだけどw


スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。