かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


もうそうw

2009.09.13  *Edit 

感想が全然終らないので
なんとなく 妄想
もし 10月号の爽子の男らしいw告白のあと 学園祭準備などなく
風が自宅に帰ってたら
の妄想。
アホな風は風じゃない!って方はバックプリイズw


たぶん家族中に引かれるくらいにやにやにやにや溶けたアイスクリーム見たいな顔してるw

弟が「いつものしょーたじゃないー」って怯えて泣くくらいw
でもご機嫌なので大好物のエビフライを気前よく弟の皿に乗せてやります。

「こーら、男が簡単に泣くんじゃないぞ☆」
ウザイことこの上なしのテンションです。
マルも怯えて唸りそうですw

お風呂でもにやにやにやにや。
鏡に向かって
「さて問題です。黒沼のすきなひとは誰でしょう。…それはおまえだ!…なんてな」
とかやってます。(ウザ杉w)
でも理性の1%が
(いやいや 黒沼のことだから 「友達としてすき」の可能性は否定できない。期待しすぎたら
こんどこそ立ち直れない)
といきなりシリアス黒風になったりもしますが
真っ赤なかわいいたべちゃいたいような顔で
「すきなのすきなのすきなのすきなの」
と言われたことを思い出し、理性は踏み潰されますw

あーあの告白携帯に録音しときたかった。
彼女になったらふきこんでもらおう
とたくらんだりしてます。

ベッドに寝転んでもちっとも寝れないんです。
妙なテンションのまま

あ、そうだ爽子ってよぶとき、つまったらカッコワリーな。よし練習だ。
とかって枕にむかって
「さ、さわこ」とか言ってみます。
そのあまりの威力にごろごろごろ転がりガンって壁に頭ぶつけます。
「…っつってー~」
…にまにまにまにま。

枕ぎゅうっとだきしめて
「…さわこ、さわこ、…さわこ。」
ハグしたあの子の甘いにおいとか細い体の感触とか震えながらきゅvと抱き返してきた
手の感触を思い出し愛しさがぶわあああああっとこみあげてきて
頭がフットーしそうだよぉ
ってなりながら消灯です。

消灯後のことはパスワードをかけないとちょっと言えませんw

そんな風早さんですが まだ「君」に完全には届いてない事をすっかり失念していますw

そして翌朝
真っ赤な顔の爽たんに
「あ、ありがとう。もう思い残す事はありません」とか成仏されそうな台詞を吐かれちゃったりするんですw
まあ風はやればできる子なんでそうなっても大丈夫です。

さ、感想書きにもどるか。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。