かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


風早君弁護

2009.08.02  *Edit 

ヤンデレっこ風を書いてたらどんどん怖くなってきたので今日は風早君の
弁護をしてみたいと思います


某掲示板ではやれヘタレだのやれストーカーだのやれ器が小さいだの言われ
この頃すっかり株を下げてしまっている感のある我らがヒーロー風早くんですが
夏さん、それは否定しません(しないの!?Σ(゚ー゚;*))

まあ夏さんかなり爽子ひいきなんでw公平になんて判断しないもんね
というスタンスながらちょっと弁護してみたいと思います

<風の罪状>
1)爽やかにストーキング
「種いっぱいまいた?」って風早さん見てましたよねwいやでもあの時
「種いっぱいまいたね」だったらストーキングしてました宣言だしね。
「種いっぱいまいた?見てたけど。」これだともっと怖いかw

2)爽子と気まずくなっていく中何もせず放置。
ちなみに爽子は自分の世界を広げるべく修行中。
己が煽ったにも関わらずあまり喜んだ様子を見せず。喜んでやれよへタレめ。

3)最悪のタイミングでわかりにくい告白
爽子は己の弱点を克服すべく努力してたとこなのに
その弱点のせいでうまくいかないことに勝手に焦れて、最悪のタイミングで告白。
クリリンが修行中の悟空の後ろからカメハメ波撃ったようなもんです
成就させようって気はあったのかほんとに。赤信号で車の前に飛び出したのと
同様の愚挙だな。

4)眼の前で好きな子が「風早と貞子?ナイナイ。自意識過剰あはは」と馬鹿にされてるのに放置
泣いてることを気にせずさらに問い詰め。
これは許すマジ。炎天下に飲み物ナシでメロンパンとゆで卵を食する刑に処す。

(弁護)
1)ストーキングに関して…無罪を主張しますw

だって恋愛ってエゴだからね。ストーキングがばれて嫌がられたら撤退する力だけは残しとく必要はあるけどあとは全力で恋愛する力がある証拠ではないですか。
つか恋をしたら相手の後をつけたり、同じ持ち物を買ってみたり、声を聞きたくて無言電話かけたり(※迷惑行為です絶対やめましょうw)ストーカーっぽくなった覚えは誰にもあるんじゃないでしょうか

2)3)4)に関しては下記論旨にて弁護します

第一に惚れた相手が悪いという情状酌量すべき点があります
いつもいつも夏さんが主張しているように爽子という人は魔性の仙女ですw
しかもわかりやすく外見が美しくて誰もが魔性と認めるフジコちゃんのよーな魔性ではありません。
一見ハードルの低い並み以下の物件のような顔をしながら実はレア。なんの罠だこりゃ。
儚いようでいてまったく依存してくれない爽子が初恋(たぶん)って自転車でシューマッハに挑むようなもんです。ヘタレでも仕方ないのです。

第二に彼はがんばってアピってはいたという事実があります。
空回りだったけどねw結果には全く結びついていなかったけどね。
やり方をみつめなおす努力もしてなかったけどね。

風早の不幸はだれも「風早が悪い」とは言ってくれないことだね。
爽子はくるみのヤツアタリ(正鵠を射てはいても動機が爽子のためではないからあえてヤツアタリというよ。説教ではないからね)にはじまり、ちづの愛ある説教もあって自分の弱点をみつめなおすきっかけがあるけど 風早にはピンの一言だけ。しかも最悪のタイミングで破れかぶれの告白をし、
好きな子泣かしてからやっともらえたアドバイスだもんな。
矢野ちんの協力もケントの勘違い協力も断った頑固さのせいでもあるけど。
ケントが好きな子いるの?って聞いた時素直に「黒沼」って言っとけば良かったのにねw
まあ 考え直すきっかけをくれるアドバイスを誰もくれなかった不幸がこの事態を招いたともいえなくもない。百歩譲れば。
第3に彼には将来性があるということを主張します。
恋愛脳はウザイ。それは認めますが、恋愛は生の喜びです。それ故古来よりありとあらゆる芸術分野において題材の主役クラスをはってきてるのです。その恋愛の真っ只中に身をおいてふんばっている風早がどう化けるかは誰にもわからないのです。今は恋愛の巨大エネルギー渦の真ん中に放り込まれている彼ですが、いずれその恋愛エネルギーを昇華する可能性がないとは誰が言いきれるのでしょうか。つか、最初に陰気な外見の殻に埋もれていた爽子を発見できた良い眼は彼の高い資質を示すと思うのです。加えて、爽子の持つ清廉さや自省力の高さは彼を磨く研磨石となり得るのです。風早は爽子を得る事によって将来どえらく良い男になる可能性があるのです。もちろんそれにはそれ相応の努力は必要でしょうが、風早は爽子というエネルギー源があれば黄河だって泳いで渡れそうな人ではないですか。

これらを考えて炎天下でメロンパンとゆで卵を飲み物ナシで食す刑を一等減じてゆで卵は除き、缶ジュース一本まではつけてもいいとするよ。

スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

目に浮かぶのは 

一生懸命メロンパンを内心涙目でモグモグ食べてる風早に向かって、爽子が駆け寄ってくるとこ、でしょうか。

しかもお茶の入ったボトル(魔法瓶でも可)持って。
そして刑の執行だったはずの場はほのラヴの場になるのです。

風にも甘い主張でした。
風早翔太頑張れ!

確かに 

爽子なら駆け寄りそう…そして真夏の炎天下でウブコント。

風早に甘いでしょうかwそっかなー。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。