かなりあ

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(-) | CO(-) 

「漫画・アニメ感想・レビュー」
君に届け感想※ネタバレアリ・萌え語り


8月号ゲットそのに 君に届け ネタバレ感想

2009.07.12  *Edit 

風早ってほんと爽子しか好きになれないなと思った
の詳細


今月の虚ろ君
kaze1_convert_20090712221616.jpg

なんか眼が死んでますw
爽子に「好きの意味が違う」とか必死で言われてるのをきいちゃった☆
からです。
全編通してなんか死んだ魚の眼をしてました風坊ちゃま。
kaze3.jpg

最後爽子が伝えに走ってきたときもいつもの場所でメランコリックに虚ろな眼で佇んでます。
なんか、正直夏さん舐めてました。
風早君の爽子への執着というか爽子愛を舐めてましたサーセン

つか、マジでこれ風早さん 爽子を失ったら廃人になるんじゃ… (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
そんな闇な病みを感じさせるガクブルな表情です。

でもそれは普通にありうると思うんですよねえ
風早も今月自分の恋を振り返り「あきらめる?何を?」「好きでいること?」「つきあうこと?」
と考え込んでます。
風早はずっと痛みを噛み締めてたけどさてじゃあどうするって考えてなかったんですよね。
だから改めて 「爽子を好きでいることをやめることができるのか」と考えてみたんだと思います。
そして思い浮かぶのは 

いろんなことに頑張って、自分で何とかしてしまう「彼女」
誤解されても、好意が空中分解される虚しさにも、人のせいにせず健気にひたすら頑張る「彼女」
思い浮かぶのはいつもひたと懸命に頑張ってきた「彼女」の真摯な姿ばかり
今だって不本意な「貞子」イメージの黒魔女カフェも「喜んでもらえる」からと嬉しそうに懸命に
努力してる姿が眼に映ります。

風早はほんとに本物のうつくしい人 しか欲しくないんだろうなとこのときなんとなく思いました。
風早は がんこなとこがあって 自分の理想に妥協できない人な気がします。
風早自身は自分がそんなたいしたことない人間なのを知ってるけど うつくしいもの、真摯なもの、誠実なものを希求する気持ちが誰より強いんです。

健人に本当に爽子に憧れていたのは自分のほうだと吐露する風早。
そうだろうね!そうだろうと思ってましたよ!ウフフフフ!

だから風は爽子しか好きになれないんですよ。
爽子の鍛えられた健気さや真摯さは非常に稀有です。
爽子の魂のレアさは今までも散々言ってるんでくどくなるので割愛しますが、
そんなレアな魂を発見してしまったら、そりゃあ他の女を愛せなくなりますって。

爽子に恋愛脳髄をのっとられてしまったのですよ彼は。

hutari2.jpg

これは爽子のモノローグですが 風の心の声でもあると思うのです。
風にとって爽子は遠くて眩しくて綺麗な月のような存在なのです。


スポンサーサイト


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

NoTitle 

ちょうど二人の真ん中で、かつラインも2重。
このモノローグの演出、上手いですよね。

絶対 

カルピン先生は狙って書いてたと思う!
この二重写し感がたまんないですよ君トドは
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All   ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。